葉酸はいつでも飲んでおけばOKというわけではない?実は妊活中にも葉酸を飲むタイミングがしっかりとあるのでより効果的に葉酸を取り入れるために知っておきましょう。

「妊娠中には葉酸がいい」というのは妊娠すると最初に目にする情報だと思います。そこで急いで葉酸サプリを買ってきて毎日飲んでます。という人は多数いますが、その葉酸サプリ、いつからいつまで飲めばいいか知っていますか?今回はその葉酸の飲み方についてご紹介します。

葉酸を飲むタイミング

葉酸は、出産終了まできちんと飲み続けることが大切ですが、それよりも大切なのが妊娠前から安定期に入るまでです。
妊活中でまだ妊娠していないから葉酸もそんなにいらないよね?と思っている人もいますが、自分がいつ受精して着床したかなんて感覚ではわかりません。そのため、気づいたときには3か月になっていた。なんてこともあります。3か月になるころには基本的な細胞が作られていますので、そこから葉酸を飲んでも十分とは言えません。

まずは、妊活中はしっかりと葉酸サプリを飲んで、身体を備えておきましょう。葉酸によって子宮内膜を暑くして着床率を高くすることが可能です。また、受精卵を良い状態で子宮内膜に待機させることができるので、妊娠率が高くなります。
着床が確認されると、妊娠となります。妊娠となると胎児は身体を作るための準備を始めますので、たくさんの栄養が必要になります。特に葉酸は身体を組成するために必要不可欠な成分で、赤ちゃんが大きくなるために行われる細胞分裂の手助けをしてくれるので、お母さんの身体の中にある一人分の葉酸では足らなくなってしまいます。この時点で葉酸が欠乏してしまうと、出生後の障害が発生しやすくなってしまいますし、流産してしまう可能性も高くなります。
3か月を過ぎても、赤ちゃんにはたくさんの栄養が必要です。このあたりになると、お母さんの身体も貧血気味になってしまったりと不調を訴えてしまうので、サプリメントでしっかりと栄養を補っておきましょう。
5か月を過ぎるころには早産の心配をしなければいけません。それにも葉酸はとても役立ちます。葉酸によって高血圧を抑える働きがあるので、身体全体の不調を整えます。
8か月を過ぎて、出産後になっても、葉酸はとても大切です。母乳を出やすくしたり、産後の状態を良くしたりとたくさんの効果があります。

妊娠には欠かせない葉酸

こうしてみると、葉酸は妊娠から出産まで幅広く必要とされるサプリメントであることが分かります。元気な赤ちゃんの為にも、しっかり摂取しておきたいところです。