子供が欲しくて妊活するなら、葉酸の含まれる妊活サプリを飲みましょう。実は、海外では葉酸サプリを買うお金に保険が適用されるほど重要な成分とされています。

「早く愛する彼の子供を出産したい」
結婚して、そう考える女性は多いでしょう。最近では、赤ちゃんを授かるための「妊活」も流行しています。元気な子供を早く産むために、妊娠しやすい体を作る葉酸やマカ入りの妊活サプリを飲み始める女性たちが増えています。

妊娠したいなら妊活サプリがおすすめ

妊娠したいと望む女性には、葉酸入りのサプリメントがおすすめです。葉酸とはビタミンB9のことを指しており、ほうれん草やレバーなどの食品にも多く含まれています。

摂取すれば、血流が良くなって子宮内膜が厚みを帯びてくるため、受精卵が着床しやすくなります。
また、ダウン症などの障害児が生まれる確率も減ってくるというアメリカの研究データもあるのです。

そのため、厚生労働省も妊婦や妊娠前の女性になるべく葉酸を摂取することを勧めています。できれば、一日に400マイクログラムを摂るのが理想ですが、なかなか普段の食事からその量を摂取するのは難しいので、葉酸入りのサプリメントが必要になるわけです。

妊活中に摂りたい栄養成分には、他にもマカや鉄分、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどがありますが、いつもの食事から摂れない場合はそれらを含む妊活サプリを飲むことでも手軽に補えます。

海外では10年も前から葉酸の摂取を国が勧めている

実は、アメリカやイギリスであれば1992年頃から、中国やオランダであれば1993年頃から国が妊娠希望や妊婦の女性たちに葉酸を摂るように推奨し始めています。日本では、2002年になってようやく母子手帳にそのことが掲載されるようになりました。

つまり、日本は海外に比べて10年も遅れています。

特に、アメリカは予防医学に力を入れている国であるため、サプリメントを摂取することに対して積極的です。それ以外の外国でも、病院で妊娠中と診断された場合は、葉酸サプリを買うお金に保険が適用されたりします。

妊娠を望む女性や妊婦にとって、葉酸はそれほど重要な成分です。「神経管閉鎖障害」と呼ばれる脳や脊髄を形づくる神経管の先天異常も、葉酸を摂取しておくことで発生する確率を減らせることが分かっています。

妊娠したい女性はどんな食生活を送ればいいの?

まず、1日3食の食事を規則正しく摂りましょう。健康的な体を作るために、過度のダイエットもしない方がいいですね。
野菜をしっかり食べて、栄養バランスの良い食事をするように心がけることが大切です。

良質のタンパク質が摂れるように、赤身の肉や魚、チーズなどの乳製品を食べるのもおすすめです。女性ホルモンを体に取り入れるために、イカや卵などのコレステロールが豊富な食べ物も摂るようにしましょう。

また、体を温めるために、にんじんやかぼちゃ、ワカメ、昆布などをしっかりと食べることも大切です。妊活に体の冷えはよくないので、冷たいドリンクやきゅうり、スイカなどの体を冷やす食べ物は多く摂らないようにしてください。

できれば、パートナーにも精子の質がよくなるとされるアナゴやオクラ、あさり、アーモンドなどを摂ってもらいましょう。もちろん、普通の食生活だけでは葉酸やマカなどの栄養成分は摂れないので、妊活サプリを飲むこともプラスするのがおすすめです。

高齢出産を望む人も妊活サプリを飲み続けよう

35歳~40代の高齢出産をする場合、若い女性が出産するよりもさまざまな問題が起こるリスクが高くなります。たとえば、流産や難産に陥ったり、先天異常とされるダウン症が発生する確率も高くなるのです。

そうしたリスクを軽減するためには、やはり葉酸やマカなどの栄養成分が含まれる妊活サプリを飲む方がいいでしょう。